お金の貯め方

お金を貯めるには、まず何からすればいいか

お金を貯める=うまく付き合ってゆく・お金を増やしてゆくために、まず何からすればいいか

 

・給料などで得たお金を、そのまま何の考えも無く全額使ってはいけない
・目安:給料の6割で生活、2割を貯金、2割を投資にまわす
・生活費は支出を把握することから始める
把握しないと何を節約すべきか判断できない
・貯蓄は強制的にできる仕組みをつくる
・投資先は投資商品だけでなくお金を稼ぐ「自分」も含む
・お金に働いてもらう仕組みをつくる(自分が働いて稼ぐには限界がある)

 

 

 

 

お金の貯め方を「学ぶ」 その感想

私はファイナンシャルアカデミーというスクールでお金の貯め方を学びました。

 

貯める、つまり増やすためには「お金に働いてもらう」ことが重要になると学びました。
正直これまでそんな考え方をしていなかったので、非常に参考になりました。

 

お金に働いてもらうための第一のステップ・・・それは、まず、支出を把握して、配分を見直すことです。
そのファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」では、支出を把握するための具体的な方法、強制的に貯蓄する方法についても学ぶことができました。

 

さらに効果的な投資先として学んだことは自分に投資するということの重要性です。
日本の教育課程では、なかなかお金に関することを学ぶ機会がありませんよね。

 

お金の話はタブー、お金のことを話すとなんだかいやらしい感じがします・・・

 

でも生活してゆく上で必要かつ重要なことなので、お金の教養を身につけることが大事です。

 

お金の貯め方を学んだ結果

私の場合ですが1年くらいで月々10万〜15万円の貯金ができるようになりました。

 

ファイナンシャルアカデミーはこの無料講座以外に、保険の選び方、家の買い方、投資信託などなど、
色々なセミナーを開催していますが初心者だった私でも安心して受講することができました。

 

もちろん、強引・執拗な勧誘はありませんでした。

 

また、(私が受講したときは)「お金の教養講座」受講者には、
ファイナンシャルアカデミーが開催する他の有料セミナーを無料で受講できる特典がありました。
とにかく無料なのは嬉しいですよね。

 

とにかく、貯金する決断力を得ることができたセミナーでした。

 

ファイナンシャルアカデミーの紹介

 

 

元 郵政民営化担当大臣の竹中平蔵さんがアドバイザー、信頼のおける独立教育機関
教育期間なので、自社の金融商品等の売り込みが無く安心
無料で体験セミナー受講可能!その体験セミナーが充実
東京、大阪を中心に、かなりの頻度で開催されていて参加しやすい

 

▼ 無料セミナーはこちらから ▼